糖尿病の改善法〜あまーい生活を見直し健康BODYに〜

Treatment

食事に気をつける

Arthritis treatment

糖尿病は食事と運動、それから薬で改善できる可能性が高いです。それぞれを組み合わせて、自分に適した方法を選びましょう。大きく分けて2つのタイプで治療法は分けられますが、多くの人がかかると言われる2型タイプの糖尿病の場合は食事と運動が基本となります。食事と運動はいつでも取り組むことが出来るので、取り組みやすくなっています。食事療法で重視するのが、血糖値の上昇です。毎日特別なメニューを食べる必要はありませんが、カロリーや糖分などを摂り過ぎないように注意する必要があります。栄養のバランスを整えることで、治療に適した食事にすることが出来ます。食事の内容は専門医と相談しながら決め、専門医の指導に基づきながら進めて行きましょう。1日に必要なカロリーや糖分などは、体重と身長から計算して割り出すのが一般的で、それに加えて仕事内容など1日の活動量で計算されます。決められたカロリーを守り食事することで、しっかり治療効果を得ることが出来るでしょう。

食事療法で糖尿病を改善する場合、朝・昼・晩の3食バランスの摂れた食事が適切であり、食物繊維を多く含む食材は改善にも効果的です。逆にビールやワインなどのお酒、ケーキやスナックなどの甘いお菓子類は控えるのが重要です。血糖値は上がらないようにすることが大切なので、血糖値が上がるのを抑える食材を積極的に摂るように心がけましょう。効果的な食材には、玄米・発芽米・ハトムギがあります。主食となる白米をこれらに変えたり、混ぜたりすることで効果を得られます。他にも大豆・蕎麦・玉ねぎ・きのこ・わかめなどがあります。毎日の食事に加えることで、血糖値を緩やかにし改善することが出来ます。これらの食材を毎日摂るのが難しい場合は、青汁などの健康食品で補っても良いでしょう。